異世界転生RPG サンサーラ・バラッド

『サンサーラ・バラッド』とは

『サンサーラ・バラッド』は、現代の地球で死んでしまった人間が“前世の記憶”と“チート”を持って異世界イラに転生した存在――サンサーラとなって冒険するTRPGだ。

前世の記憶

サンサーラは必ず前世の記憶を持って転生する。そのため、サンサーラがイラで生まれ直して、新たな人生をおくるなかで、前世である地球での生活で培った経験や知識はイラの文化に多大な影響を及ぼす可能性がある。

イラの元ある文化や技術レベルなどを尊重して“自重”するもよし。知識や経験を惜しみなく発揮してイラの発展に貢献するもよし。
その選択はサンサーラ自身に委ねられる。

チート

サンサーラはひとつの現象を自由に操ることのできる“チート”と呼ばれる能力を持っている。
チートの力の源泉は、世界の根源となるカルマそのものである。そのため、サンサーラ自身の発想しだいでさまざまな結果を導き出す無限の可能性を秘めているのだ。

異世界イラの風景

異世界イラは、成り立ちや古代のルーツこそ私たちの世界でいう仏教的な宇宙観によく似ているが、主な舞台となる大陸西方には長い時を経て14~16世紀の中世ヨーロッパによく似た文化が根付いている。
また、イラには真法(マントラ)と呼ばれる“力ある言葉”を用いた、いわゆる魔法のような技術がある。真法は古代文明に端を発しており、その言葉の体系には古代語や“梵字”に酷似した古代文字が使用されている。

サンサーラの使命

今、イラでは天魔と呼ばれる存在が眷属を操り世界の根源となるカルマを搾取している。天魔による搾取を放っておけば世界からカルマが枯渇して滅びに向かっていってしまう。
眷属は天魔から力を与えられており、サンサーラのような強い力をもった存在でなければまともに戦うことはできない。
そこで、イラを含めた三千世界“新界”の守護者たる高次超越存在――真如が、サンサーラにお告げを与え、天魔やその眷属に立ち向かわせるのだ。
天魔による陰謀の糸は、イラの各地に張り巡らされている。サンサーラがイラで生活する限り、天魔やその眷族との戦いは避けられないだろう。

異世界イラの歴史

さまざまな生命が繁栄し、万物の根源の力“カルマ”が豊かな星である惑星イラ。
しかしイラは、カルマを食らう高次超越存在“天魔王(デーヴァラジャ)”の化身である108柱の“天魔(デーヴァ)”と、その眷属たちに狙われている。

侵略が始まったのは約1000年前。当時イラにはカルマを用いて魔法のような力“真法(マントラ)”で栄華を極めた“古代超文明リグヴェーダ”が存在した。
彼らは天魔の勢力に対抗すべく立ち上がり“第一次天魔大戦”が勃発。……しかし劣勢を覆すことは叶わなかった。
最期はすべてを破壊する“破壊の法具(アグネヤストラ)”で惑星ごと天魔の勢力を焼き払い古代超文明リグヴェーダは滅亡。
イラは破壊の法具の炎に包まれ、あらゆる生命は死滅したかに思えた。

しかし、イラの大陸西方ではわずかながら生物が生き残り、子孫を残し繁栄を取り戻しつつあった。
だが、現在から200年前。復活した天魔の勢力が再び侵略を開始したのだ。
こうして“第二次天魔大戦”が勃発した。

第二次天魔大戦では1人の英雄が誕生した。
それこそが最初の転生者(サンサーラ)“トーマ”だ。
トーマは“統一王朝マハトーマ”の王として強力なチートと地球の技術や知識を駆使し、最期は自らを犠牲にして戦いを勝利に導いた。

その後、統一王朝マハトーマは兄弟王子カルナとアルジュナによって南北で分割統治され復興を遂げたが、100年前に南方と北方の間に争いが勃発。
南方はアルジュナ連合、北方は神聖トーマ帝国を名乗り分裂。統一王朝は崩壊した。

現在イラ大陸西方では、アルジュナ連合と神聖トーマ帝国が睨み合いを続けている。
そして、この状況を作り出した者こそ天魔の勢力なのだ。
天魔の勢力は水面下で着実に力を増し、来るべき第三次天魔大戦に備えて牙を研いでいるのだ。

この危機に対抗するため、宇宙を守護する高次超越存在“真如(タタ)”は一計を案じた。
最初のサンサーラのトーマの故郷であり、カルマ豊かな惑星“地球”から強力なカルマを持った人間を転生させ、イラを救うことにしたのだ。

こうして、イラの大地には次々とサンサーラたちが転生し、真如の導きのもと、超絶能力チートや様々な知識を用いて天魔の勢力の陰謀に立ち向かうようになった。
それこそがプレイヤーの分身となるPCたちなのだ。

 

3種類のキャラクター作成

『サンサーラ・バラッド』には、「クイックスタート」「コンストラクション」「フルスクラッチ」の3種類のキャラクター作成方法がある。

クイックスタートは、「アーキタイプ」「チート(3回チート決定表を振って1種類選ぶ)」「パーソナリティ(キャラクター名、死因、年齢、性別、外見など)」を決めるだけの最も簡単な作成方法だ。
すでに作成されたデータを持つアーキタイプも、チートとの組み合わせによってバリエーションは千差万別。
チートは「改変」「時間操作」「支配」「主人公補正」「武勇」など50種類もあるため、何度遊んでもワクワク感がある。

コンストラクションフルスクラッチでは、内包カルマと呼ばれるポイントを使用してキャラクターを作っていく。
そして、余ったカルマは潜在カルマとなり、これが多いほど使えるチートは強力になる
つまり、キャラクターを弱く作ればチートが強くなり、強く作ればキャラクター自体が強くチートはそこそこになる。
そして、同じ内包カルマであれば同等の強さを持つのだ。

コンストラクションは、人型の種族と、「地球」と「異世界」のデータパックを1種類ずつ選択するだけで気軽にキャラクターを作れる作成方法だ。
データパックには経験を表わすキャリアや、購入済みのアイテムが含まれている。
選択したデータパックにあるキャリアを辿れば、どのような経験を経てきたキャラクターなのかがひと目でわかる。
また、異世界のデータパックには購入済みのアイテムも含まれているので、たくさんのデータを見る必要はない

フルスクラッチでは自由にデータを選んでキャラクター作成できる。
地球でどんな経験をしてきたのか?
生まれた種族は?
異世界ではどんな経験をしてきたのか?
これらを多数のデータを組み合わせて自由にデザインできるのだ。

さまざまなルール

行為判定

判定方法はD100(あらかじめ、2個の10面体ダイスのうち片方を10位、もう片方を1の位と決めてから振る)の%ロール。能力値に設定された成功率以下の出目を出せば成功となる。
特定の行為に習熟していればその行為を扱う判定はスワップロール(10の位が必ず低い方の出目になる)になるのが特徴だ。

カルマカード

『サンサーラ・バラッド』独自のトランプを使ったルールとして、ロールプレイの支援とチートを使用するための資源の両方を表わす「カルマカード」がある。
プレイヤーとGMは3枚の手札を持ち、「オファー」と「プレイズ」の2種類のプレイ方法に使うことができる。
オファーは、スートに対応したキーワードを指定して他のプレイヤーやGMに表向きに提示することで、そのキーワードを取り入れた演出をお願いできる。
キーワードを取り入れた演出ができたと思ったらプレイされたことになる。
プレイズは、他のプレイヤーやGMが行なった演出に対して「いいね!」の意味を込めて裏向きに渡す。そして、受け取った時点でプレイされたことになる。

チート

チートはサンサーラだけが持つ特別な力だ。
チートに設定されているひとつの現象やチート名から連想できることであれば、おおよそどのようなことでも発生させるられる無限の可能性を秘めている。
チートによって発生する効果は“プレイヤーズコール”によって決定される。
“どのような現象で、どのような効果を得たいか”を宣言し、GMが承認すれば判定などを一切行なわずに実際に効果を発揮する。
このとき、GMは効果に見合った[強度]を設定し、使用者は[強度]と同じ枚数のカルマプールを支払う必要がある。
「チート」には、あらかじめ起こせるだろう効果として「汎用効果」が設定されているほか、チートごとの独自の効果である「固有効果」が設定されているため、それを使うだけでも問題ない。

フォロワー

『サンサーラ・バラッド』には協力してくれる仲間や付き従う配下、相棒となる動物、護るべきヒロインなど、キャラクターとともに行動するキャラクターを「フォロワー」というデータで表現する。
フォロワーは【部隊値】という【HP】の代わりに減らせる値を持つだけでなく、フォロワーの種類ごとに部隊スキルという独自のスキルを持っている。
フォロワーを編成することで、キャラクターをさらに強化することができるのだ。

アイテム制作(基本ルールブック)

アイテム制作」では、ベースとなるアイテムの「素材」「品質」によってデータが変化する。また、「意匠」を施すことでアイテムに特徴を与えられる。
さらに、「真法」を付与することで法具(魔法のアイテムのようなもの)を作成することもできる。
素材」「品質」「意匠」「真法」の4つの要素によって、より強力なアイテムを作ることができるのだ。

領地経営(基本ルールブック)

領地経営」では、領地に施設を建設し、施設に設定された効果を得られる。
施設を建設すれば、その施設に設定された「収入」を得られる。つまり、領主になれば多くの資金を手に入れられるようになるのだ。
また、施設の多くには「イベント」が設定されており、「経営イベント表」のイベントに配置できる。
これによって、施設のイベントを配置していくことで領地経営が有利になるだけでなく、領地の特色を表現することもできる。

最後に

『サンサーラ・バラッド』は、「とりあえず気軽に買って遊んでみよう」と考える人のための『プレイヤーズルールブック』と、「GMをやってみよう」「自由にPCを作りたい」と考える人のための『基本ルールブック』がある。

『プレイヤーズルールブック』には、読めば雰囲気や遊び方が理解できるリプレイがついているため、まずルールを理解して軽く遊びたい人にオススメだ。

『基本ルールブック』には、様々なキャラクターの表現ややりたいことを実現するために必要なデータやルールがたくさん詰まっている。そのデータ数はなんと圧巻の1300以上!
あなたの“好き”を見つけられる一冊となっている。


『サンサーラ・バラッド拡張ルールブック アヴァターラ・サーガ』のページ


※pdfやサポート等は下のアイコンをクリックしてください
↓ ↓ ↓